2019年06月

2019/06/29

喫茶アムールでのタピオカドリンク提供を中止します

飲みかけカップの教室内や敷地内、周辺の路上への放置多発のため、明日以降喫茶アムールでのタピオカドリンクの提供を中止します。

カップの放置はマナーや廃棄物条例に反することは固より、学内の美観を損ね、また、野生動物のエサとなり環境が悪化します。

これまで張り紙などで注意喚起をしていましたが改善が見られず残念ですが中止の決定に至りました。なお、余ったタピオカは廃棄せず職員でシェアするのでご安心ください。

2019/06/25

本学学歌が安雲追分駅の接近メロディになります

先日、安雲追分駅の列車接近メロディーが国際信州学院大学校歌に —6月29日(土)始発から—でお知らせしましたとおり、本学キャンパスの最寄り駅である安雲追分駅の列車接近メロディが6月29日土曜日の始発より本学の学歌「amour」になります。

上り線と下り線でそれぞれメロディがありますので、安雲追分駅にお越しの際は是非ご確認ください。

他駅からスクールバスで通学されてる学生の皆様もこの機会に一度、安雲追分駅にお立ち寄りください。

なお、安雲追分駅は単線区間のため混雑が予想されます。初日は余裕をもってお越しください。

上り接近メロディ(松本方面)
下り接近メロディ(信濃大町・白馬方面)

編曲者 永田町ekioto+ 後楽園様

本学学歌はこちら→学歌

安雲追分駅

これは本学による内容です。鉄道事業者やその他企業や団体への問い合わせはお控えください。

2019/06/17

各機関の事務ご担当者様へ(大学等における求人公募のオンライン化の推進について)

令和元年5月28日付文部科学省事務連絡「 大学等における求人公募のオンライン化の推進について 」にある通り、大学の求人公募において、オンライン化が求められています。本学においてもガイドラインを策定しましたので、各機関の事務ご担当者様(特に採用担当者様)はご確認ください。なお、ガイドラインはWeb公開していませんので、本部事務室まで取りに来てください。

2019/06/10

安雲追分駅の列車接近メロディーが国際信州学院大学校歌に —6月29日(土)始発から—

国際信州学院大学では、鉄道会社と安雲追分駅前商店街振興組合、安雲野市と共同で、6月29日(土)始発から安雲追分駅の列車接近メロディーに国際信州学院大学の校歌である『Amour…』を導入します。

安雲追分駅の名称は1935年(昭和10年)国際信州学院大学予科(当時)が名称を変更したことを機に改称しました。現在は、主に国際信州学院大学の学生が通う「国際信州学院大学」の最寄り駅として、多くの大学関係者が利用しています。

この度、教育機関の校歌を当該路線沿線の列車接近メロディーでは初めて導入します。

メロディ音源はこちらのお知らせに掲載しております。

サイト内検索

News

Internet Explorerの使用を禁止します

Internet Explorerの使用を禁止します

本学では以前よりIEはサポート外ですが、本学HPのアクセス解析では未だに0.07%ほどアクセスがあるようです。 2022年6月17日以降、学内でのIEの使用は禁止します。IEから提出されたレポート等は提出と認めません。ま […]

「痴漢にまつわる公開講座」を開設します

「痴漢にまつわる公開講座」を開設します

2022年は学長が初めて痴漢で逮捕されてから45周年にあたります。それにちなみ、公開講座を開設します。 痴漢は今大きな社会問題となっています。痴漢をしない・させないは勿論ですが、LGBTやSDGsが取りざたされている昨今 […]

天地創造行為を伴う世界五分前仮説の実験を禁止  「シュレディンガーの猫で実際に猫殺さない」

天地創造行為を伴う世界五分前仮説の実験を禁止  「シュレディンガーの猫で実際に猫殺さない」

国際信州学院大学では、 世界五分前仮説の検証実験を行うときに、実際に世界を作る事を禁止します。 世界五分前仮説は哲学における思考実験の一つで、「この世界は本当は5分前に始まったのかもしれない」というものです。五分前仮説の […]

大学体験を実施『安雲野市立安雲野高等学校』の学生が来校

大学体験を実施『安雲野市立安雲野高等学校』の学生が来校

本学と様々な交流があり、これまで多くの卒業生が国際信州学院大学へと入学している『安雲野市立安雲野高等学校』(長野県安雲野市石坂114)の2年生25名が、1月20日に安雲野キャンパスを訪問し、少人数のグループに分かれて安雲 […]

今年度のバレンタイン中止を求める学生運動の中止について

今年度のバレンタイン中止を求める学生運動の中止について

 過去二年間、新型コロナウイルスの感染対策などの観点から、惜しまれながらも中止されてきた「バレンタイン中止を求める学生運動」ですが、学生達からの強い要望もあり、本学関係者と感染症対策の専門家の間で話し合いを重ねた結果、学 […]

News一覧