学長の言葉

~Bloom where you’re planted~

今日のグローバル化や技術革新はこれまでに類を見ないスピードで急激に変化しています。これに伴い社会全体の価値観や思想が変わりつつあることは言うまでもありません。かつて日本の社会はパーソナルキャピタルの価値を妄信していました。ここでは、パーソナルキャピタルは「個人の知識」や「学歴」を意味するものであります。これらの価値を否定するつもりは毛頭ありません。しかし、今日の優秀な人工知能などを引き合いに出しますと、これらに特別な価値があるとも思いません。言ってしまえば、貴方の知識は貴方の持つスマートフォンで事足りるのです。

このような現代社会が要請する価値とは「ソーシャルキャピタル」に他なりません。こちらにも多くの意味がありますが、大切なのは「人とのつながり」と「キュレーション力」です。Webサイトやソーシャルネットワークは誰もが容易に利用できるものの、これらを上手に使いこなす人は多くないように思います。情報過多の世の中で必要なものを自ら正確に取捨選択しなくてはなりません。また、こうして集められた情報や知識を他者に発信できる人物こそが社会に求められているのです。

国際信州学院大学は創立以来フランスとの交流が深く、今日でも英独仏、そのほか各国からの留学生を受け入れています。このことが幸いし、日本の急激なグローバル化にも柔軟に対応することができたのです。また多種多様な学科や授業は学生の視野を十分広げることでしょう。国境や文化あるいは専門分野の垣根を越えて成長できる場所を国際信州学院大学は提供できると自負しております。

~Bloom where you’re planted~

“where” とは本大学のことです、と言いたいのですがそうではありません。貴方が”planted”されたのは今を生きる世の中なのです。すべての人間が最大限に“Bloom”することを期待します。

最後に初代学長であるコナン・ロシュフォールの言葉を贈ります。

~Les choses sur cette page sont fictives.~