教員

本学の名物教員

本学は以下以外に多くの個性的な教員が在籍しております

コサックダンス吉村

主な研究テーマ 信州リンゴの経済効果
主な研究実績 ビットコインの論文を発表
現在の仮想通貨の基本概念を確立する
情報工学科で暗号研究を行っており、RSA暗号の第一人者
担当科目 物理
経歴 1965年 京都精華大学卒
変わり者のロシア人の祖父が日露戦争時に戦果を挙げた記念に「コサック」と名付けた
学生に一言 パリは燃えているか

松本ふじみ

主な研究テーマ 灰皿の皿としての利用に伴う文化圏の差異
牛糞の次世代エネルギーとしての利用
主な研究実績 古代ヨーロッパで出土した葉巻型小皿の炭素分析による異種用途の解明

フランス社会農学会にて論文「La pomme et du contrat social」を発表

灰皿の皿としての使用に伴うインド・ヨーロッパ語族の南限についての発見

担当科目 化学
経歴 学長の孫の友達の娘の友達
学生に一言 人には誰にも言えないような過ちも失敗も沢山ある
無菌室で育った人間でもない限り
人生は試行錯誤のくり返しだと思う

サトシ

主な研究テーマ 食酢とキクラゲによる若返り効果
主な研究実績 アフリカの土質における欧州の地中生息細菌の形態変化
フランス産キクラゲのフランスにおける栽培法の確立
インド洋南下ツアーにおける海藻グリテンの発見
担当科目 生物学
経歴 日本フランス工業元社長
学生に一言 大学は思想の場です。学ぶということを共に学びましょう。
女体についての研究したくてこの道に入ったのですが、気づけばキクラゲについて研究していました。人生何が起こるかわかりませんね。

来五張

らいごちょう

主な研究テーマ ザリガニの集団心理
主な研究実績 メスのザリガニは3匹集まるとそのうちの1匹をいじめることを発見
担当科目 日本文学
経歴 中国から出稼ぎで日本に来るも職を失い放浪。浅草の側溝で見つけたザリガニに心を奪われ、ザリガニの研究に着手。現在は担当が日本文学であるが、これは教授の不足による埋め合わせであり、本人は特に講義はしていない。
学生に一言 無矛盾な公理的集合論は自己の無矛盾性を証明できないザリガニである

星崎 騎羅女

ほしざき きらめ

主な研究テーマ 星の動きと地質変化の関係性
主な研究実績 人工ゲノムを持つ細菌の化石を発見
担当科目 天文学・地質学
経歴 本校卒業後、国際天文地質学研究所ボルドー支所にて32年間研究員として従事。
人工ゲノム鉱石の発見を機に学長の要請を受けて就任。
学生に一言 星を見て、地面を見れば不安なんて何もない

毛利 大五郎

もうり だいごろう

主な研究テーマ ラテンアメリカ近代史
主な研究実績 革靴と笑いに関する考察
担当科目 文化人類学
経歴 釣塔大学大学院フィッシング研究科博士後期課程単位取得退学
学生に一言 世界にファインダーを合わせて心のシャッターを切る、それがジャングルの生き方

道玄坂 四十八男

どうげんざか しじゅうはちお

主な研究テーマ 情報技術(アフィリエイト)
主な研究実績 アフィリンクを用いた社会連結の実現
担当科目 統計学
経歴 国防省をハッキングして逮捕
後にホワイトハッカーとして社会復帰
学生に一言 人生は基本下り坂

ファインダー・伊藤

ふぁいんだー いとう

主な研究テーマ 写真機発明前後のフランス美術に見られる差異
主な研究実績 盗撮我が命
担当科目 山岳映像学
経歴 盗撮と著作権侵害で逮捕後更生して学術の道を歩み始める
学生に一言 皆さんと盗撮出来る日が楽しみです

サイト内検索

News

Internet Explorerの使用を禁止します

Internet Explorerの使用を禁止します

本学では以前よりIEはサポート外ですが、本学HPのアクセス解析では未だに0.07%ほどアクセスがあるようです。 2022年6月17日以降、学内でのIEの使用は禁止します。IEから提出されたレポート等は提出と認めません。ま […]

「痴漢にまつわる公開講座」を開設します

「痴漢にまつわる公開講座」を開設します

2022年は学長が初めて痴漢で逮捕されてから45周年にあたります。それにちなみ、公開講座を開設します。 痴漢は今大きな社会問題となっています。痴漢をしない・させないは勿論ですが、LGBTやSDGsが取りざたされている昨今 […]

天地創造行為を伴う世界五分前仮説の実験を禁止  「シュレディンガーの猫で実際に猫殺さない」

天地創造行為を伴う世界五分前仮説の実験を禁止  「シュレディンガーの猫で実際に猫殺さない」

国際信州学院大学では、 世界五分前仮説の検証実験を行うときに、実際に世界を作る事を禁止します。 世界五分前仮説は哲学における思考実験の一つで、「この世界は本当は5分前に始まったのかもしれない」というものです。五分前仮説の […]

大学体験を実施『安雲野市立安雲野高等学校』の学生が来校

大学体験を実施『安雲野市立安雲野高等学校』の学生が来校

本学と様々な交流があり、これまで多くの卒業生が国際信州学院大学へと入学している『安雲野市立安雲野高等学校』(長野県安雲野市石坂114)の2年生25名が、1月20日に安雲野キャンパスを訪問し、少人数のグループに分かれて安雲 […]

今年度のバレンタイン中止を求める学生運動の中止について

今年度のバレンタイン中止を求める学生運動の中止について

 過去二年間、新型コロナウイルスの感染対策などの観点から、惜しまれながらも中止されてきた「バレンタイン中止を求める学生運動」ですが、学生達からの強い要望もあり、本学関係者と感染症対策の専門家の間で話し合いを重ねた結果、学 […]

News一覧