お知らせ アーカイブ | 国際信州学院大学

2020/10/23

本学の学生・教職員・OBOGの方へ情報発信についての注意喚起

本学の所属や出身を明かして情報発信する際は、実在の人物や団体・組織等に言及して混乱を招く情報の発信は控えていただくようお願いします。 大学名を背負っていることを自覚し、学外の方に本学に悪印象を持たれないよう責任ある発信を心がけてください。

正確性が保証できない情報発信においては「学外の実在人物等を巻き込まない」ことを当初から一貫して学内の統一ポリシーとしておりますので、遵守をお願いいたします。 (一般的な話題やジョークの範囲を超えて現実的に他者に実害や迷惑や混乱を及ぼしうる情報発信をしないよう注意してください。)
本学の運営に関わる関係者がそのような情報発信をすることはありません。

2020/10/18

GoTo安雲野クーポンを配布します。

本学では学生の安全を第一に考え、「Don’t Go To トラベル」として一切の旅行の禁止をしています。一方で地域の飲食店等が新型コロナウイルスの影響により厳しい状況になっています。本学が所在する安雲野市のキャンパス周辺店舗も例外ではありません。そのため周辺店舗の振興のため「GoTo安雲野キャンペーン」としてクーポンの配布を実施します。

このキャンペーンは周辺店舗の振興と併せて学生の皆さんの食の支援も目的としています。健康的な食事が摂れていない方はクーポンを活用して栄養のある食事を摂ってください。

クーポン配布対象者

学生・教職員・出入り業者・アポのある来訪者・受験生

出入り業者は本学もしくは本学関係者と直接もしくは間接的に業務を請け負っておりキャンパス内での業務を目的に来学する方を指します。(キャンパスに業務目的で来学する方であれば請負に関わる子孫代数は問いません。)
受験生は本学の入学試験を受験する方および本学キャンパスを会場として大学入試に関わる共通試験を受験する方で試験の受験目的で本学キャンパスに来学する方を対象としています。
キャンペーン期間中、一人一回の配布となります。

クーポン対象店舗

キャンパス周辺飲食店
・うどん蛞蝓亭
・フィッシュレストラン・オツ
・居酒屋フランス信州りんご
キャンパス周辺その他店舗
・安雲野書房
・アランソン質屋
安雲野市内食品取扱店
・北海道イクラ食品 安雲野営業所

配布クーポン内容

EATクーポンとALLクーポンの2種類を配布します。
EATクーポンはキャンパス周辺飲食店及び安雲野市内食品取扱店で使用可能です。ALLクーポンはEATクーポン対象店舗及びキャンパス周辺その他店舗を含む全ての対象店舗で使用できます。
店舗および配布場所の密集を避けるため、受取可能期間および使用可能期間は一人ひとりランダムに割り当てられます。ただし、出入り業者や受験生の方は来学当日受け取りで当日から使用できます。

下宿・寮から通う学生

EATクーポン5000円分 ALLクーポン3000円分

自宅から通う学生・教職員

EATクーポン3000円分 ALLクーポン3000円分

出入り業者・アポのある来訪者

EATクーポン2000円分 ALLクーポン 1000円分

受験生

EATクーポン1500円分 ALLクーポン1500円分

条件および受け取り方

学生および教職員には各人個別に受取可能日時をお伝えします。その他の方は来学当日の時間があるときに国信大本館までお越しください。
受け取りの際以下のものが必要となります。
・学生証教職員証もしくは身分証明証
・接触確認アプリのインストール
学生および教職員の方は「Don’t Go To トラベル」を遵守しているかの確認も行います。9月23日以降に旅行をしていないことを行動履歴がわかるもの(GoogleマップのタイムラインやSNSなど)を開示していただき確認します。もし旅行をしていた場合、罰則が済んだ後であれば問題ありません。

学食のミールカード利用している場合

ミールカードをお持ちの方はキャンペーン期間中、キャンパス周辺飲食店三店舗でミールカードも使用することができます。(クーポンと併用可)

新型コロナウイルスによる授業形態の変化に伴い、学食は縮小運営中です。周辺飲食店も利用してください。

2020/10/13

2020年ノーベル賞受賞者に関するお知らせ

調査の結果、2020年ノーベル賞受賞者(経済学含む)の中に国際信州学院大学の関係者はおりませんでしたので、お知らせいたします。

2020/09/23

「Don’t Go To トラベル」のお知らせ

コロナ禍で経済活動が縮小している中「Go To トラベル」と称し、旅行をして経済を回そうという動きが盛んになっています。

しかし本学では、多くの人が移動して観光地に密集する事に対して危惧の念を抱いております。
学生の安全を第一に考え、本学では「Don’t Go To トラベル」として一切の旅行の禁止を通達致します。

もし違反した場合、以下の罰則が与えられますのでご注意下さい。
 ・経過観察による2週間の休学
 ・2週間毎朝正門にてコサックダンスを踊る (8:30~9:00)

2020/09/22

実験装置リモート対応のためのエンジニア募集

本学ではアフターコロナ・ウィズコロナによる新しい研究スタイルの導入を目指し、在宅研究が可能になるように学内の実験装置のリモート化を行います。それに伴い、装置改造を行う技術者を募集します。

業務内容

キャンパス内の第一研究棟・研究開発棟・原子工学研究棟・生物科学実験棟にある各種実験機器やキクラゲ加工装置をインターネット経由で外部から様子を見ながらリモート操作できるよう実験機器の改造やリモート操作用のソフトウェアの開発を行います。

具体的には、Webベースで動作するリモート操作用のフロントエンドやバックエンドのソフトウェア、実験装置から映像をストリーミングするソフトウェア開発や機器の制御を行うPLCのソフトウェアの改造や、実験装置や制御盤の改造と制御盤タッチパネルUIの変更を行っていただきます。改造に際し必要な機械部品の設計および電気回路の設計や部品の選定も行います。

ソフトウェア開発で使用する技術

HTML,CSS,TypeScript,Vue.js,React,WebRTC,Node.js,express,ラダー,ST言語,Arduino

必要なスキル

・前項に挙げた技術や言語の経験
・以下のツール及びソフトウェアの使用経験
 ・SolidWorks
 ・Webpack
 ・KV StudioもしくはGX works 2
 ・VT StudioもしくはGT designer 3
 ・Docker
 ・VScode (同等機能のエディタでも可)
 ・git
・以下のプロトコルの実装経験
 ・Websocket
 ・MCプロトコル/SLMP
 ・上位リンク通信
 ・RTP
 ・WebRTC(シグナリング)
 ・MQTT
・Linux,AWS,通信(TCP/IP,RS-485,CC-Link,Modbus)の基本的な操作と理解
・実験装置や生産機械の制御盤の設計経験
・展開接続図の作成や読み取りができること
・PLCの実装経験(ラダーの実装・ユニットの選定や設定など)
・Node.JSとReactを使用したフロント及びバックエンドのWebアプリ開発経験(UI設計・API設計・DB設計等を含む)
・ES2019の機能を用いてTypeScriptを日常的に使用していること
・22sqを手動で圧着できること
・キクラゲや牛糞の加工方法を熟知していること
・フォークリフト、床上操作式クレーン、玉掛

歓迎スキル

・フランス語
・シュナイダーエレクトリック社のPLCの使用経験
・第三種電気主任技術者
・ffmpeg

応募

募集人数は1~2人です。週休2日制(土日祝)、1年毎に契約更新となります。委細面談の上、諸条件を決定しますので、まずは応募してください。

フレックスタイム制あり・現場作業を伴うためリモートワークは就業日の半分まで可

4年制大学理工系学部卒の方を対象著しています。ただし、どうしてもという場合はそれ以外の方も受け付けます。

GitHubアカウント(必須)およびポートフォリオサイト(任意)を明記の上、履歴書・職務経歴書を国際信州学院大学総務課までFAXしてください。

2020/09/05

イベントの中止について

新型コロナウイルス感染拡大防止のため下記のイベントを中止致します。これにより既に発表されている分も含めて本年度中は殆どのイベントが中止されることになりますが、感染症予防の為なので 浅はかなクレーム等は受け付けません。 ただしどうしてもという場合は受け付けます。

9月
九月のパンプキン祭り

10月
仮装パーティー

11月
秋の学課サークル対抗運動会※

12月
コサックリスマス

1月
安雲野雪まつり

2月
バレンタイン中止を求める学生運動

3月
4回生を送る会
安雲野春のパン祭り

※11月の秋の学課サークル対抗運動会はオンラインゲーム「FlappyFlapper」(https://scc.kokushin-u.jp/2018/02/11/flappyflapper/)を使用しオンライン開催する予定です。

2020/07/23

夏山登山の事故防止に関するオンライン講習ビデオについて

新型コロナウイルスの影響に加え、本格的な夏山シーズンの到来により、登山事故の増加が懸念されています。本学においても例年登山事故の防止について呼びかけているところですが、本年は新型コロナウイルスの影響により通常通りの講習会が開催できません。そこで、本学教員ファインダー・伊藤氏(山岳映像学)によるオンライン講習ビデオを本日7月23日より学内関係者向けに公開しております。詳細は国信ポータルをご覧ください。

参考: 令和2年7月20日 スポーツ庁通知 2ス庁第238号「夏山登山の事故防止について(通知)」

https://www.mext.go.jp/sports/b_menu/hakusho/nc/1419028_00001.htm

2020/06/13

多目的トイレの不適切な使用について

休講時に配布したキクラゲ栽培キットが多目的トイレに多数放置されている実態を確認しております。
放置数は100セットを超えており、多目的トイレがキクラゲの栽培場のようになっています。

本来の多目的トイレの使用目的とは異なる為、当面の間、多目的トイレの使用を中止させて頂きます。
ご不便をお掛けしますが、ご理解の程よろしくお願い申し上げます。

業者による復旧作業が終わりましたら掲示等でお知らせします。

2020/04/27

Twitterでの情報発信について

本学には公式Twitterアカウントはあります。

国際信州学院大学の正確な情報が出回るように精進して参りますのでよろしくお願いします。

参考:本学Twitterアカウント  @kokushin_univ

2020/04/26

原子力工学研究棟での衝撃発生事案について

先週の水曜日(4/22)から土曜日(4/25)にかけて本学キャンパス内で断続的に衝撃が発生していたとの報告があり、本学で調査したところ、本学原子力工学研究棟の地下より発生していた可能性があると判明しました。

該当期間中、原子力工学研究棟の地下実験室において、本学の研究者が試料に衝撃を発生させる実験を行っていたところ、実験装置の設定ミスで想定より大きな衝撃が発生し施設外に衝撃が伝わりました。

また、実験を行っていた研究者は感染症対策のため自宅からインターネット経由で装置を遠隔操作し実験を行っていました。そのため、自宅の画面からでは想定外の衝撃に気づけず、25日まで実験を続行していました。

なお、今回使用していた試料はキクラゲやカウダングを原料としたものであり、実験に伴う周囲への安全性の影響は極めて低いものです。

サイト内検索

News

本学の学生・教職員・OBOGの方へ情報発信についての注意喚起

本学の学生・教職員・OBOGの方へ情報発信についての注意喚起

本学の所属や出身を明かして情報発信する際は、実在の人物や団体・組織等に言及して混乱を招く情報の発信は控えていただくようお願いします。 大学名を背負っていることを自覚し、学外の方に本学に悪印象を持たれないよう責任ある発信を […]

GoTo安雲野クーポンを配布します。

GoTo安雲野クーポンを配布します。

本学では学生の安全を第一に考え、「Don’t Go To トラベル」として一切の旅行の禁止をしています。一方で地域の飲食店等が新型コロナウイルスの影響により厳しい状況になっています。本学が所在する安雲野市のキャンパス周辺 […]

2020年ノーベル賞受賞者に関するお知らせ

2020年ノーベル賞受賞者に関するお知らせ

調査の結果、2020年ノーベル賞受賞者(経済学含む)の中に国際信州学院大学の関係者はおりませんでしたので、お知らせいたします。

「Don’t Go To トラベル」のお知らせ

「Don’t Go To トラベル」のお知らせ

コロナ禍で経済活動が縮小している中「Go To トラベル」と称し、旅行をして経済を回そうという動きが盛んになっています。 しかし本学では、多くの人が移動して観光地に密集する事に対して危惧の念を抱いております。 学生の安全 […]

実験装置リモート対応のためのエンジニア募集

実験装置リモート対応のためのエンジニア募集

本学ではアフターコロナ・ウィズコロナによる新しい研究スタイルの導入を目指し、在宅研究が可能になるように学内の実験装置のリモート化を行います。それに伴い、装置改造を行う技術者を募集します。 業務内容 キャンパス内の第一研究 […]

News一覧