お知らせ アーカイブ | ページ 5 / 7 | 国際信州学院大学

2018/12/10

平成30年度冬山登山講習会の開催について

この度、登山系学生団体等を主たる対象として、下記の通り講習会を開催することとなりました。

冬山だけでなく、夏山や屋外活動に興味のある方も是非ご参加ください。

特に、登山予定のある学生団体・研究室の学生、教職員は多数ご参加願います。

 

日時:平成30年12月14日(金) 18:30~20:30
場所:国際信州学院大学 8号館 102室
対象:登山系学生団体等を主たる対象としていますが、
その他本学学生、教職員、一般市民も参加できます。
講演内容:「実例から学ぶ冬山登山の危険性と対策」
講師:ファインダー・伊藤(本学教授)
入場:無料

 

ポスターはこちら平成30年度冬山登山

2018/11/21

冬季休業期間の窓口業務(証明書申込)に関するお知らせ

冬季休業期間の窓口対応(証明書申込)については以下のとおりです。
なお、日曜日、祝日は、窓口対応を行っておりません。
また、郵送による証明書申込みについて平成30年12月21日(金)(英文の証明書は12月18日(火))までの到着分は年内の発行となります。
以降の到着分については平成31年1月5日(土)以降の発行となります。

【学生冬季休業期間:平成30年12月26日(水)~平成31年1月4日(金)】

2018/11/10

燕三条文化大学学長をお招きし講演会を実施します

燕三条文化大学学長・綿貫良知氏をお招きし、講演会を実施します。

綿貫氏はアフィリエイト学の第一人者と知られ、多くの業績を残してきました。この度、本学との学術交流を深める目的から、特別に講演会を実施することとなりました。

講演会「ポストTwitterの情報技術展望」

日時:2018年11月28日(水)

会場:国際信州学院大学 8号館

公演者:燕三条文化大学学長・綿貫良知氏

司会:道玄坂四十八男

入場方法:予約不要で、一般の方もご参加いただけます。

2018/10/24

お魚(タラ)を使った簡単メニューをポルトガル観光学科の学生が考案しました

国際信州学院大学ポルトガル観光学科×国信マート×北海道イクラ食品株式会社×安雲野圏域地方卸売市場による産商官学連携の一環として、ポルトガル観光学科の学生が「タラ」を使ったレシピを考案しました!
ポルトガルの魚料理の筆頭は、魚の中で最も消費量の多いタラの身を塩漬けして乾燥したバカリャウであり、このバカリャウの調理法は1年365日分が存在すると言われていますが、今回はいままで知る人ぞ知る存在であったバカリャウを日本に紹介する画期的なレシピとなります。

11月の国信マートで、試食提供とレシピのPRを行います♪
当日は<バカリャウのユッケ>をご試食いただきます。また、試食メニュー以外のバカリャウを使った簡単レシピも配付いたします!
試食は午前11時~・14時30分~の2回、国信マート 特設鮮魚売場で行います。(試食は数に限りがあります)

みなさまどうぞお誘いあわせの上、お越しください。

2018/10/15

ヘリコプター弦楽四重奏曲の日本初演を開催しました

10月14日(日)、本学非公認団体・総合音楽研究部による「秋の現代音楽祭」が開催されました。『変容するヨーロッパ』をテーマに現代音楽が演奏されました。また、日本初演となるシュトックハウゼン作曲ヘリコプター弦楽四重奏曲が演奏されました。

同音楽祭では、音響の整ったホール、ヘリコプター発着場所、映像回線等、本学の有する設備が活用されました。また、近隣住民の方々の他、各界著名人が観客やヘリコプター操縦士として訪れ、本学の地域貢献、芸術振興に対する姿勢を示すことが出来ました。

なお、本行事は国際信州学院大学総合音楽研究部と安雲野市文化振興財団との共催で行われました。

※「ヘリコプター弦楽四重奏曲」
シュトックハウゼン作曲。1993年。弦楽四重奏メンバーが4台のヘリコプターにそれぞれ乗り込んでヘリで空中を飛び交いながら演奏し、それをコンサートホールに中継する。

2018/10/11

全国の医学部で女子の合格率が男子の合格率を下回っていた件について

全国の医学部で女子の合格率が男子の合格率を下回っていたことに関し、多くのご意見やお問い合わせをいただいております。
本学には医学部は存在せず、したがって「医学部で女子の合格率が男子の合格率を下回っていた」ことは一切ございません。
引き続き、本学の運営にご理解、ご協力をお願いいたします。

2018/09/09

国信マートと食堂でのQRコード決済対応のお知らせ

フランスを始めとするヨーロッパではキャッシュレス化が進展し、現金のいらない社会が到来しつつあります。この流れは中国を筆頭にアジア地域においても徐々に拡大しています。

そこで本学は、フランスと日本の架け橋であることを強みに、「QRコード決済」の実証実験の一環として、同方式での決済を夏休み明けの9月20日より国信マート及び当学食堂で開始します。支払い方法は以下の二点から選択できます。

・予め一定の金額をチャージしておく「プリペイド方式」

・ご利用毎に指定の口座から代金を引き落とす「デビット方式」

どちらの方式でも手数料はかかりません。自分にあった支払い方式を選択してください。また、従来どおり現金や学生証での支払いも継続して利用できます。

2018/09/04

本学オリジナルの「国信大どら焼き」が発売されます!

本学を学外の多くの方々に知っていただくため、お土産品として本学オリジナルのどら焼き(国信大どら焼き)が発売されます。
これは焼印のデザイン案を学外にて公募し、本学の加速器を用いてレーザー電子光にて照射刻印したものとなります。

【国信大どら焼き注文方法】
<お問い合わせ先>

国信マート どら焼き受付専用販売窓口

店頭のみ受付販売(電話、FAX、メールアドレス無し)

1箱12個入り箱代込み3980円(税込)より

(店頭にて3日以上前から予約注文にて対応します、ただしどうしてもという場合も受け付けます。)

2018/09/03

本学写真部による、学内フォトウォークラリーが企画運営されました

夏季休暇を利用した9月1日(土)に、NEXT KOKUSHINプロジェクト「国際信州学院の旅 学内フォトウォークラリーとブリオッシュ作り体験教室」が本学構内にて開催されました。

このうち「学内フォトウォークラリー」については国際信州学院大学写真部が企画し、本学学生ボランティアとともに運営を行いました。
イベント当日は晴天に恵まれ、予定されていたイベントに加え、特別にハッピーハッピー運輸営業所での「ベルトコンベアから流れてくる荷物仕分け体験」も実施されました。

学生企画の学内フォトウォークラリーについて、参加者からは「普段出入りする校舎ではなく、あまり見たことがない国信大の建物を楽しむことが出来た」「これが国信大か、フランスじゃないか」「仕分けって意外と時給がいいんだな」といった声もあり、大変好評な一日となりました。

※NEXT KOKUSHINプロジェクトは本学を学生のみならず、地域の方々へ開放することで魅力を感じていただき、国信大ファンになっていただくことを目的とし、本学が地元企業(協賛:ハッピーハッピー運輸株式会社、北海道イクラ食品株式会社安雲野出張所)と産学連携にて立ち上げた、地域貢献型の新しいプロジェクトとなります。

2018/08/06

安雲野キャンパスにおける停電のお知らせ

夏季休暇期間を利用した受変電設備改修工事の実施に伴い、本学安雲野キャンパス全域におきまして次の通り計画停電を行います。
つきましては、キャンパス内全施設のご利用はできませんので、ご理解とご協力をお願いいたします。

・実 施 日  8月12日(日)

・停電時間  5:30~20:30(予定)

サイト内検索

News

夏山登山の事故防止に関するオンライン講習ビデオについて

夏山登山の事故防止に関するオンライン講習ビデオについて

新型コロナウイルスの影響に加え、本格的な夏山シーズンの到来により、登山事故の増加が懸念されています。本学においても例年登山事故の防止について呼びかけているところですが、本年は新型コロナウイルスの影響により通常通りの講習会 […]

多目的トイレの不適切な使用について

多目的トイレの不適切な使用について

休講時に配布したキクラゲ栽培キットが多目的トイレに多数放置されている実態を確認しております。 放置数は100セットを超えており、多目的トイレがキクラゲの栽培場のようになっています。 本来の多目的トイレの使用目的とは異なる […]

新型コロナウイルス対策及び授業再開について(5/14更新)

新型コロナウイルス対策及び授業再開について(5/14更新)

新型コロナウイルス対策に伴い今年度休講を発表しましたが、感染確認者数が収束傾向にあることと学生の皆様への影響を考慮し、また「強い国信大」の形成のために今年度休講を取りやめ、5月18(月)から授業を開始いたします。 なお、 […]

Twitterでの情報発信について

Twitterでの情報発信について

本学には公式Twitterアカウントはあります。 国際信州学院大学の正確な情報が出回るように精進して参りますのでよろしくお願いします。 参考:本学Twitterアカウント  @kokushin_univ

原子力工学研究棟での衝撃発生事案について

原子力工学研究棟での衝撃発生事案について

先週の水曜日(4/22)から土曜日(4/25)にかけて本学キャンパス内で断続的に衝撃が発生していたとの報告があり、本学で調査したところ、本学原子力工学研究棟の地下より発生していた可能性があると判明しました。 該当期間中、 […]

News一覧