お知らせ アーカイブ | 2ページ目 (9ページ中) | 国際信州学院大学

2021/01/26

年明けからの講義ついて

新型コロナウイルスの第三波が全国的に猛威を奮っている状況を鑑み
本学独自の緊急事態宣言を発令することと致します。

・今年度中の登校は原則禁止
・講義は全てオンラインで行う
 (リモート環境が無い学生のみ特例で中央トイレ棟への登校を認める)
・レポート提出にて単位認定、リモート環境にて卒論発表を行う
・卒業式はステイホームしてる学長の自宅からリモート配信(出席者は学長1名のみ)
・全学生にキクラゲ栽培セットを再配布
・キクラゲに加え牛糞実験キットも配布
・入試試験については検討後、後日発表します

その他、本学の新型コロナウイルス対策につきましては新型コロナウイルス対策及び授業再開について(5/14更新)をご参照ください。

2020/12/19

ボイロ部の活躍を表彰し、牛糞1年分をプレゼント します

国際信州学院大学ボイロ部 @shinsyu_poem(旧パズエン)の活躍を表彰し、牛糞1年分をプレゼント します。

本学は卒業生の就職先がYouTuber 200名であるなど、優れた動画投稿者を輩出することで知られています。しかしその一方、卒業生YouTuberの殆どが出自を秘匿し、また在学生の動画投稿は限られています。

そのような状況の中、 国際信州学院大学ボイロ部 @shinsyu_poem は主にニコニコ動画に旺盛に動画を投稿し、軒並み再生数数万を突破、更にはニコニコ動画公式に紹介されるなど、目覚ましい活躍を見せています。

本学のイメージアップへの多大な功績を賞し、以下の通り表彰いたします。

賞名 隆司サトシプレゼンツ

賞品 牛糞1年分

なお、感染拡大防止のため表彰はリモートで行われました。賞品は毎月配送されます。

2020/12/07

新企画「サークルでマスコット作る」について

本学マスコットのフラッパー君が「マスコットを50体作って戦わせる」というビラを配布したことにより謹慎処分となっております。
学内ではフラッパー君が解雇されるのではないかという噂が飛び交っておりますが、そのようなことはございませんのでご安心ください。
ただし、本学ではこの事態を受けて「新マスコット募集」を決断いたしました。
各サークル・学科等はマスコットを作って応募してください。優勝マスコット発案者にはフランスパンをプレゼントいたします。

2020/11/26

秋の学課サークル対抗運動会をオンライン開催しました

本年は新型コロナウイルスの影響により多くの学内の行事が中止となっておりますが、新しい生活様式への対応として、11月23日に秋の学課サークル対抗運動会をオンライン開催しました。

運動会では従来のスポーツの代わりにe-sportsとしてコンピューター同好会作成のオンラインゲーム「FlappyFlapper」が使用され、白熱したバトルとなりました。優勝はスコア1137を記録した 国信大ボイロ部(旧パズエン) になりました。優勝賞品として、学長から中央トイレ棟のコワーキングスペース使用権が授与されました。

優勝者のコメント「指がめちゃくちゃ疲れたのでいい運動になりました。 コロナ禍で毎日引き篭もってましたが、久しぶりに運動ができて良かったです」

参考:

FlappyFlapper

国際信州学院大学ボイロ部

2020/11/25

コワーキングスペース有料貸出の開始について

本学では5月18日の授業再開より自宅でリモート講義を受講できない学生に対し、オンライン授業用の個室として中央トイレ棟の個室を改修し提供しておりました。

現在では自宅でのリモート環境の整備率の向上及び一部対面での授業や実験の再開に伴い、空室が著しく増大しております。設備の有効活用の観点より、リモート勤務用のコワーキングスペースとして有料で一般貸出を行うこととしました。

設備 パソコン、カメラ等基本的なリモートワークに必要な設備の他、トイレ使用可

お見積りのご依頼は伝書鳩にて承ります。送付先:国際信州学院大学施設部

2020/10/23

本学の学生・教職員・OBOGの方へ情報発信についての注意喚起

本学の所属や出身を明かして情報発信する際は、実在の人物や団体・組織等に言及して混乱を招く情報の発信は控えていただくようお願いします。 大学名を背負っていることを自覚し、学外の方に本学に悪印象を持たれないよう責任ある発信を心がけてください。

正確性が保証できない情報発信においては「学外の実在人物等を巻き込まない」ことを当初から一貫して学内の統一ポリシーとしておりますので、遵守をお願いいたします。 (一般的な話題やジョークの範囲を超えて現実的に他者に実害や迷惑や混乱を及ぼしうる情報発信をしないよう注意してください。)
本学の運営に関わる関係者がそのような情報発信をすることはありません。

2020/10/18

GoTo安雲野クーポンを配布します。

本学では学生の安全を第一に考え、「Don’t Go To トラベル」として一切の旅行の禁止をしています。一方で地域の飲食店等が新型コロナウイルスの影響により厳しい状況になっています。本学が所在する安雲野市のキャンパス周辺店舗も例外ではありません。そのため周辺店舗の振興のため「GoTo安雲野キャンペーン」としてクーポンの配布を実施します。

このキャンペーンは周辺店舗の振興と併せて学生の皆さんの食の支援も目的としています。健康的な食事が摂れていない方はクーポンを活用して栄養のある食事を摂ってください。

クーポン配布対象者

学生・教職員・出入り業者・アポのある来訪者・受験生

出入り業者は本学もしくは本学関係者と直接もしくは間接的に業務を請け負っておりキャンパス内での業務を目的に来学する方を指します。(キャンパスに業務目的で来学する方であれば請負に関わる子孫代数は問いません。)
受験生は本学の入学試験を受験する方および本学キャンパスを会場として大学入試に関わる共通試験を受験する方で試験の受験目的で本学キャンパスに来学する方を対象としています。
キャンペーン期間中、一人一回の配布となります。

クーポン対象店舗

キャンパス周辺飲食店
・うどん蛞蝓亭
・フィッシュレストラン・オツ
・居酒屋フランス信州りんご
キャンパス周辺その他店舗
・安雲野書房
・アランソン質屋
安雲野市内食品取扱店
・北海道イクラ食品 安雲野営業所

配布クーポン内容

EATクーポンとALLクーポンの2種類を配布します。
EATクーポンはキャンパス周辺飲食店及び安雲野市内食品取扱店で使用可能です。ALLクーポンはEATクーポン対象店舗及びキャンパス周辺その他店舗を含む全ての対象店舗で使用できます。
店舗および配布場所の密集を避けるため、受取可能期間および使用可能期間は一人ひとりランダムに割り当てられます。ただし、出入り業者や受験生の方は来学当日受け取りで当日から使用できます。

下宿・寮から通う学生

EATクーポン5000円分 ALLクーポン3000円分

自宅から通う学生・教職員

EATクーポン3000円分 ALLクーポン3000円分

出入り業者・アポのある来訪者

EATクーポン2000円分 ALLクーポン 1000円分

受験生

EATクーポン1500円分 ALLクーポン1500円分

条件および受け取り方

学生および教職員には各人個別に受取可能日時をお伝えします。その他の方は来学当日の時間があるときに国信大本館までお越しください。
受け取りの際以下のものが必要となります。
・学生証教職員証もしくは身分証明証
・接触確認アプリのインストール
学生および教職員の方は「Don’t Go To トラベル」を遵守しているかの確認も行います。9月23日以降に旅行をしていないことを行動履歴がわかるもの(GoogleマップのタイムラインやSNSなど)を開示していただき確認します。もし旅行をしていた場合、罰則が済んだ後であれば問題ありません。

学食のミールカード利用している場合

ミールカードをお持ちの方はキャンペーン期間中、キャンパス周辺飲食店三店舗でミールカードも使用することができます。(クーポンと併用可)

新型コロナウイルスによる授業形態の変化に伴い、学食は縮小運営中です。周辺飲食店も利用してください。

2020/10/13

2020年ノーベル賞受賞者に関するお知らせ

調査の結果、2020年ノーベル賞受賞者(経済学含む)の中に国際信州学院大学の関係者はおりませんでしたので、お知らせいたします。

2020/09/23

「Don’t Go To トラベル」のお知らせ

コロナ禍で経済活動が縮小している中「Go To トラベル」と称し、旅行をして経済を回そうという動きが盛んになっています。

しかし本学では、多くの人が移動して観光地に密集する事に対して危惧の念を抱いております。
学生の安全を第一に考え、本学では「Don’t Go To トラベル」として一切の旅行の禁止を通達致します。

もし違反した場合、以下の罰則が与えられますのでご注意下さい。
 ・経過観察による2週間の休学
 ・2週間毎朝正門にてコサックダンスを踊る (8:30~9:00)

2020/09/22

実験装置リモート対応のためのエンジニア募集

本学ではアフターコロナ・ウィズコロナによる新しい研究スタイルの導入を目指し、在宅研究が可能になるように学内の実験装置のリモート化を行います。それに伴い、装置改造を行う技術者を募集します。

業務内容

キャンパス内の第一研究棟・研究開発棟・原子工学研究棟・生物科学実験棟にある各種実験機器やキクラゲ加工装置をインターネット経由で外部から様子を見ながらリモート操作できるよう実験機器の改造やリモート操作用のソフトウェアの開発を行います。

具体的には、Webベースで動作するリモート操作用のフロントエンドやバックエンドのソフトウェア、実験装置から映像をストリーミングするソフトウェア開発や機器の制御を行うPLCのソフトウェアの改造や、実験装置や制御盤の改造と制御盤タッチパネルUIの変更を行っていただきます。改造に際し必要な機械部品の設計および電気回路の設計や部品の選定も行います。

ソフトウェア開発で使用する技術

HTML,CSS,TypeScript,React,Solid.js,WebRTC,Node.js,express,ラダー,ST言語,Arduino

必要なスキル

・前項に挙げた技術や言語の経験
・以下のツール及びソフトウェアの使用経験
 ・SolidWorks
 ・Webpack,Vite
 ・KV StudioもしくはGX works 2
 ・VT StudioもしくはGT designer 3
 ・Docker
 ・VScode (同等機能のエディタでも可)
 ・git
 ・ECADもしくはUnidraf
・Linux,AWS,通信(TCP/IP,RS-485,CC-Link,Modbus)の基本的な操作と理解
・実験装置や産業機械の制御盤の設計経験、試運転・調整経験
・展開接続図の作成や読み取りができること
・PLCの実装経験(ラダーの実装・ユニットの選定や設定など)
・Node.JSとReactやSolid.jsを使用したフロント及びバックエンドのWebアプリ開発経験(UI設計・API設計・DB設計等を含む)
・ES2021の機能を用いてTypeScriptを日常的に使用していること
・14sqの電線を手動で圧着できること
・キクラゲや牛糞の加工方法を熟知していること
・フォークリフト、床上操作式クレーン、玉掛、基本情報、普通自動車免許

歓迎スキル

・フランス語
・シュナイダーエレクトリック社のPLCの使用経験
・ヨーロッパ(特にフランス)仕様の装置や電気機器に関する知見
・情報処理安全確保支援士試験(登録不問)、ネットワークスペシャリスト、エンベデッドシステムスペシャリスト
・第三種電気主任技術者
・第二種電気工事士または認定電気工事従事者
・工事担任者(デジタル通信)
・ffmpeg
・Vue.js
・rustおよびtauri
・電子回路設計、STM32マイコンの実装
・制御部品(PLCやインバータなど)の仕入先のツテ
・以下のプロトコルの実装経験
 ・Websocket
 ・MCプロトコル/SLMP
 ・上位リンク通信
 ・RTP
 ・WebRTC(シグナリング)
 ・MQTT
 ・Modbus TCP/RTU

応募

募集人数は1~2人です。週休2日制(土日祝)、1年毎に契約更新となります。委細面談の上、諸条件を決定しますので、まずは応募してください。

フレックスタイム制あり・現場作業を伴うためリモートワークは就業日の半分まで可

4年制大学理工系学部卒の方を対象としています。ただし、どうしてもという場合はそれ以外の方も受け付けます。

GitHubアカウント(必須)およびポートフォリオサイト(任意)を明記の上、履歴書・職務経歴書を国際信州学院大学総務課までFAXしてください。

サイト内検索

News

Internet Explorerの使用を禁止します

Internet Explorerの使用を禁止します

本学では以前よりIEはサポート外ですが、本学HPのアクセス解析では未だに0.07%ほどアクセスがあるようです。 2022年6月17日以降、学内でのIEの使用は禁止します。IEから提出されたレポート等は提出と認めません。ま […]

「痴漢にまつわる公開講座」を開設します

「痴漢にまつわる公開講座」を開設します

2022年は学長が初めて痴漢で逮捕されてから45周年にあたります。それにちなみ、公開講座を開設します。 痴漢は今大きな社会問題となっています。痴漢をしない・させないは勿論ですが、LGBTやSDGsが取りざたされている昨今 […]

天地創造行為を伴う世界五分前仮説の実験を禁止  「シュレディンガーの猫で実際に猫殺さない」

天地創造行為を伴う世界五分前仮説の実験を禁止  「シュレディンガーの猫で実際に猫殺さない」

国際信州学院大学では、 世界五分前仮説の検証実験を行うときに、実際に世界を作る事を禁止します。 世界五分前仮説は哲学における思考実験の一つで、「この世界は本当は5分前に始まったのかもしれない」というものです。五分前仮説の […]

大学体験を実施『安雲野市立安雲野高等学校』の学生が来校

大学体験を実施『安雲野市立安雲野高等学校』の学生が来校

本学と様々な交流があり、これまで多くの卒業生が国際信州学院大学へと入学している『安雲野市立安雲野高等学校』(長野県安雲野市石坂114)の2年生25名が、1月20日に安雲野キャンパスを訪問し、少人数のグループに分かれて安雲 […]

今年度のバレンタイン中止を求める学生運動の中止について

今年度のバレンタイン中止を求める学生運動の中止について

 過去二年間、新型コロナウイルスの感染対策などの観点から、惜しまれながらも中止されてきた「バレンタイン中止を求める学生運動」ですが、学生達からの強い要望もあり、本学関係者と感染症対策の専門家の間で話し合いを重ねた結果、学 […]

News一覧