理学部

自然界を律する基本的な原理や法則の探究を使命とする学部です。最先端の研究を通じて、専門知識と問題解決能力を持った人材の育成を目指しています。また、広い視野から問題解決にあたる応用力を育成するため、専攻分野以外の専門基礎分野を必修としています。

電子機械学科

定員135名

【 機械と電子の知識・技術を組み合わせ新しいものづくりを目指す学科】

近未来は、ROBOTICS(ロボティクス)すなわち、電子機械の時代です。機械工学を基礎として、電子回路やコンピュータによって機械を動かすメカトロニクスについて学びます。


フランス生物学科

定員50名

フランスと何らかの関係をもった生物学分野の研究者による学際的な学会です。
年2回の例会は150回を超える伝統を持っており、幅広い分野の研究者によるディスカッションで、思わぬアイデアが浮かぶこともあります。
一般発表は学会員の親睦も兼ねており、発表終了後はほぼ全員出席で懇親会を開いております。


欧州分子生物学科

定員190名

近年、遺伝子のさまざまな機能が明らかにされていますが、まだ働きが不明で潜在的な資源としての可能性を秘めた遺伝子が存在します。
この学科では、疾病や細胞の発生をターゲットとし、最先端の解析装置を駆使して遺伝子やタンパク質の作用メカニズムを分析しながら、治療薬の開発や予防のための機能性食品開発に取り組んでいます。

サイト内検索

News

天地創造行為を伴う世界五分前仮説の実験を禁止  「シュレディンガーの猫で実際に猫殺さない」

天地創造行為を伴う世界五分前仮説の実験を禁止  「シュレディンガーの猫で実際に猫殺さない」

国際信州学院大学では、 世界五分前仮説の検証実験を行うときに、実際に世界を作る事を禁止します。 世界五分前仮説は哲学における思考実験の一つで、「この世界は本当は5分前に始まったのかもしれない」というものです。五分前仮説の […]

大学体験を実施『安雲野市立安雲野高等学校』の学生が来校

大学体験を実施『安雲野市立安雲野高等学校』の学生が来校

本学と様々な交流があり、これまで多くの卒業生が国際信州学院大学へと入学している『安雲野市立安雲野高等学校』(長野県安雲野市石坂114)の2年生25名が、1月20日に安雲野キャンパスを訪問し、少人数のグループに分かれて安雲 […]

今年度のバレンタイン中止を求める学生運動の中止について

今年度のバレンタイン中止を求める学生運動の中止について

 過去二年間、新型コロナウイルスの感染対策などの観点から、惜しまれながらも中止されてきた「バレンタイン中止を求める学生運動」ですが、学生達からの強い要望もあり、本学関係者と感染症対策の専門家の間で話し合いを重ねた結果、学 […]

バレンタイン及びチョコレート贈与の禁止について

バレンタイン及びチョコレート贈与の禁止について

本学ではかねてよりバレンタインの中止をお願いしているところですが、「パートナーにチョコレートをプレゼントする行為」やバレンタイン等はTwitterでの炎上を引き起こすため極めて危険です。学生及び教職員の皆様におかれては安 […]

学内システム休止・提出物延長措置のお知らせ

学内システム休止・提出物延長措置のお知らせ

2021年12月10日(金)から週末の間、国信ポータル等の学内システムを休止します。 レポート等のオンライン提出の提出物で期限が休止期間中に重なるものは週明けまで期限を延長します。 休止事由:Log4j脆弱性の影響範囲確 […]

News一覧