【重要】2019年度入試期間中の入構について

下記の入試期間中は、関係者以外の大学構内入構が制限されます。
特に本学は原子力を扱う学術機関ということもあり、入構時に各門にて学生証・職員証、その他身分証の提示が絶対的に必要となります。
身分証を持たない方で、入試期間中に「どうしても」入構予定がある方は全裸後こちら向きの四つん這いによる検査ののちに、別な門への「特別入構証」が必要となりますので、入浴後に事務室まで申請ください。
もし、国際信州学院大学への情熱を絶やさずにおられた方がいた場合、それが態度となり、私達へ伝達してくれると期待をしています。
ここまで言えば、わかりますよね?

★ご注意★
・当日使用できる門、授業の休止、他規制に関しては既に本学関係者に配布されておりますPDFをご参照ください。
・入試当日における車両入構は緊急車両以外禁止です。工事や搬入予定を入れないようにご注意ください。
・ただしどうしてもという場合も、今回は無理です。

――――――― 以下、入構証の申請について ――――――――
<2019年度入試期間>
 センター試験:1月19日(土)、20日(日)
 A日程B日程C日程:後日掲示

<申請対象者>
・本学関係者ながら身分証明書(学生証・職員証、その他身分証)が発行されていない者、特に派遣など第3身分の非正規雇用者
・特別な事情により試験当日に入構する必要がある者
※入構の必要性を慎重にご確認の上、入試当日以外に行える用務は日を改めるようご協力をお願い致します。
※必要枚数を把握したいので、入構の可能性がある場合には、「○枚必要になりそうです」だけでも結構ですので、素早く絶対的にご回答ください。

伝える努力はしてくださいね。伝えるって本当に難しいです。
私たちも会場で説明や指示を行うが、もしその指示が難しい場合は…その先は言う必要ないですよね。自分で考えてみてください。

<申請方法>
 専攻事務室(contact@kokushin-u.jp )へ下記内容をご連絡ください。
 ————————————
 入構日:
 氏名:
 身分:
 入構理由:
 ————————————-
 例)1/19・○○大学研究員・○○・共同研究のため
   2/26・研究補助者(謝金業務)・○○・業務補助

<締切>
 2019年1月29日(火)12時

その気持ちを作り上げることは、
前から入構予約している人よりも皆様方の方が可能性があると思います。
ましてや、こんな状況下です。
すみません、私自身まだ気持ちの整理が出来ないでいますので、妙な文書になっているかもしれません。

kokushinマート所属 文房具仕入担当 2019入試入構責任者 須藤義弘

« 前のページに戻る

サイト内検索

News

喫茶アムールでのタピオカドリンク提供を中止します

喫茶アムールでのタピオカドリンク提供を中止します

飲みかけカップの教室内や敷地内、周辺の路上への放置多発のため、明日以降喫茶アムールでのタピオカドリンクの提供を中止します。 カップの放置はマナーや廃棄物条例に反することは固より、学内の美観を損ね、また、野生動物のエサとな […]

本学学歌が安雲追分駅の接近メロディになります

本学学歌が安雲追分駅の接近メロディになります

先日、安雲追分駅の列車接近メロディーが国際信州学院大学校歌に —6月29日(土)始発から—でお知らせしましたとおり、本学キャンパスの最寄り駅である安雲追分駅の列車接近メロディが6月29日土曜日の始発より本学の学歌「amo […]

各機関の事務ご担当者様へ(大学等における求人公募のオンライン化の推進について)

各機関の事務ご担当者様へ(大学等における求人公募のオンライン化の推進について)

令和元年5月28日付文部科学省事務連絡「 大学等における求人公募のオンライン化の推進について 」にある通り、大学の求人公募において、オンライン化が求められています。本学においてもガイドラインを策定しましたので、各機関の事 […]

安雲追分駅の列車接近メロディーが国際信州学院大学校歌に —6月29日(土)始発から—

安雲追分駅の列車接近メロディーが国際信州学院大学校歌に —6月29日(土)始発から—

国際信州学院大学では、鉄道会社と安雲追分駅前商店街振興組合、安雲野市と共同で、6月29日(土)始発から安雲追分駅の列車接近メロディーに国際信州学院大学の校歌である『Amour…』を導入します。 安雲追分駅の名称は1935 […]

バル・ベルデ国立大学学長等が来学しました

バル・ベルデ国立大学学長等が来学しました

令和元年5月27日、バル・ベルデ国立大学のフィクティシオ学長等が本学を訪問し、コナン・ロシュフォール学長と懇談しました。 フィクティシオ学長等の来学は、「平成30~33年度グローバル学術強化事業 日=バル・ベルデ学術交流 […]

News一覧